恋愛やビジネスに役立つ 肌や髪、外見のケア情報を発信

30代男性のライフスタイル

肌のケア

お湯だけ洗顔で美肌!洗顔料なしが男の最強の肌ケア(印象アップします)

更新日:

お湯だけで洗顔すると美肌になる。

僕はかれこれもう4年ほど洗顔料を一切使っていない

洗顔料を使わなくても顔は洗えるのだ。いやむしろ使わずにお湯だけで洗顔をすることが最強の肌ケアであることを発見するに至った。

 

本記事では、僕の実体験を踏まえつつ、洗顔料を使わないことが最強の肌ケアであり、美肌を手にいれることが可能である理由と根拠を丁寧に解説していく。

 

人は見た目が9割」(新潮新書)という竹内一郎氏の本があり、一世を風靡したことが記憶にある方はいるだろうか。

確かに僕も、男女関係で見た目により悔しい思いをし涙を流した経験は数え切れないし、ビジネスにおいても見た目で契約を取れる恐ろしいやつが存在するという事実をこの目で確認してきた。

海外では、見た目がいい人ほど、年収も高いという研究結果も出ているほどである。

なお、数年後に同氏による「やっぱり見た目が9割」という著書が出ており、著者の真剣さがひしひしと伝わってくる。

 

しかし、見た目は変えられる。

見た目の印象を決定づける最大のポイントは、顔。誰がなんといっても顔なのだ。顔。

顔顔顔顔顔顔顔。

当たり前だが、その顔の面積の大部分を占めるのは肌である。

肌が綺麗であれば、見る人に若々しくエネルギッシュな印象を与えてくれるし、爽やかな印象を手に入れることができる。

 

僕が20代の営業マンだった時、少しでも印象を明るくして実績を上げたいなと思ったし、婚活という場で「女にモテたい」と朝から晩まで真剣に悩んでいたものだ。

そんなとき、お湯だけ洗顔を始めた。

肌は綺麗になった。

 

そしてついに5人対5人の合コンで、うち4人とデートするという黄金期を迎えたのだった。

 

 

あれから4年。

続けていて「お湯だけでの洗顔」以上に効果のある肌ケアはないと強く確信している。

まさに美肌への最強の結論であると推薦したい。

 

本記事での解説

  • お湯だけでの洗顔が肌にいい理由
  • お湯だけで本当に汚れが落ちるのか

お湯だけ洗顔の詳しいやり方はこちらへ(別ページで解説)

 

 

1.お湯だけ洗顔って何?

 

お湯だけ洗顔とは、何か。

その名の通りお湯しか使わない洗顔である。

 

洗顔と聞けば「市販の洗顔フォームや石鹸を使って顔を洗うこと」と多くの男性の皆さんは答えることと思う。

 

そして、そんなみなさんは

『毛穴の汚れごっそり!!スクラブ入り洗顔料!!!』

のような洗顔料をお使いではないだろうか。

例えばこんな感じ⬇︎。

こういった洗顔料の使い心地はなかなかのもの。汗で汚れた顔をフルリセットしてくれる、あの爽快感はたまらない。

スクラブ入りもいい。

つぶつぶが毛穴から汚れを掻き出してくれるCMを頭に思い浮かべながら「今俺の顔から汚れが一掃されていく...!」と思えば思うほど、スクラブへの満足感も高まるし、洗顔後にはなんだか生まれ変わったような爽快感が味わえる。

 

しかし、こういった「普通の洗顔」の固定概念を撤廃し、石鹸や洗顔フォームを使って顔を洗う習慣をやめることが、意外に肌ケアの近道であるというのが、本記事の主旨。

肌に有り余る多大なメリットをもたらしてくれるのである。

 

2.お湯だけ洗顔のやり方とポイント

 

お湯だけで洗顔するといっても、意外にもやり方は色々とあるもの。例えば、「お湯の温度は?」とか、「手の使い方や強さは?」などなど。

 

そういった「お湯だけ洗顔で気をつけるポイント」は詳しく以下の記事で解説していますので、ご覧いただきたい。

上記記事で解説しているお湯だけ洗顔のポイントはたった5つ(上記記事で解説している)。そこまで難しくなく、特別なノウハウはないので、皆さんもすぐに実践できるはずだ。

 
 

では、この記事では

悩む男性

どうしてお湯だけの洗顔が肌にいいの?

洗顔料を使っていないのに、汚れは本当に落ちてる?

そういった心配にお答えしつつ、解説していく。

 

Sponsored Link

 

3.どうしてお湯だけ洗顔がいいのか?

 
悩む男性
なんでお湯だけが、肌にいいの?
 
この疑問にお答えしていこう。

 

お湯だけが良い。

理由は「洗顔フォームが肌に悪影響を与える」からだ。

 

洗顔フォーム内には、界面活性剤なるすごいやつが潜んでいることをご存知だろうか。

(※世の中には色んな“界面活性剤”がありますが、ここでは汚れや余分な皮脂を洗浄するために洗顔料に含まれている“界面活性剤”についてお伝えします。)

クレンジング料や洗顔料に含まれる界面活性剤

界面活性剤は、メイク汚れや皮脂などの汚れ、古くなった角質などを洗い落としてくれる頼もしい存在である。

しかしこの界面活性剤には、メリットもあればデメリットもある。

 

肌は「皮脂膜」というもので守られている。これは汗と皮脂が混ざってできた薄い膜のようなもの。

なんと、この界面活性剤が肌に必要な皮脂膜までも、いとも簡単に洗い落としてしまうのだ

 

すると、逆に肌が無防備な状態になり、外からダメージを受けやすくなる。

皮脂膜がなくなると水分が抜けて乾燥しやすくなったり、菌に対する防御が効かずに肌が炎症を起こしたりボロボロになりやすくなってしまうのだ。

 

考えてみよう。どうして身体が皮脂を出すのか。

それは、「皮脂膜」は皮膚のバリアとして、外的な乾燥などの刺激から皮膚を守るために必要だから。

しかし、洗顔料を大量につけすぎたり、何度も何度も頻繁に洗ったり、力を加えてゴシゴシすると、防御壁である皮脂バリアが全滅する。

防御壁がなくなるから肌が無防備になり荒れる。

そして、防御壁を再構築しようと肌は頑張ってくれるが、そのせいで皮脂がどんどんと出てくるので、それが雑菌を呼ぶ源泉にもなる。

 

 

“界面活性剤”自体は、とても凄いもの。

洗顔料だけではなく、生活の様々な製品に含まれていて、日常生活になくてはならない存在なのだそうだ。

そしてその優秀な洗浄力を背景に洗顔料にも取り入れられた。特に男性向けの洗顔フォームには、この界面活性剤が多く含まれている。

 

確かに不要な汚れを見事に取り除いてくれるのはいいのだが、肌の防御をしてくれている「皮脂膜」を必要以上に洗い流してしまう点は絶対に見過ごしてはならない。

「何でも落とせばいい」という簡単な話でもないのだ。

落としてはいけないものもある。

まさにあちらが立てばこちらが立たぬという状態であるが、世の中のものはメリットとデメリットの両方の側面を併せ持つものだ。

 

 

皆さんは洗顔料で顔を洗った後、肌がカサカサと乾燥したり、張ってしまったりした経験はないだろうか?

僕の場合、洗顔をした後に肌がパリパリっと張る感覚が毎日のようにあって、それで保湿クリームなどを塗っていた。

洗顔料で洗顔

化粧水

仕上げの保湿クリーム

風呂上がりに乾燥対策で化粧水塗って、保湿クリームもしっかり塗って。

このルーティーンはだいたいの男性雑誌に書いているし、僕らのような美意識の高い男子ならば基本中の基本であろう。

 

その当時も、ふんふんと、そういうもんだと思っていたのだが、でもある時ふと思った。

このルーティーン、ちょっと変じゃないだろうか?

 

どうして皮脂をごっそり落とし、その後にわざわざ人工的な潤いで手当てしなければならないのだろう?

なんなら本来、保湿なんていらないんじゃないのか。

 

 

4.ビジネスという事情

 

トイレタリー業界に問題があると思っている。

洗顔料を売るためには、ごっそり汚れが落ちて「すごくスッキリしたわあ!」という爽快感が高い方がいいに決まっている。

しかし、各社が競争でイイ製品を作り上げていくにつれ、肌に違和感を持つ人が増えてきたはず。そこで、洗顔料の売り上げを落とさず、かつ新たな収入源となる保湿製品を投入したのだ。

保湿しなければならないのは、自社の洗顔料のせいなのに。

 

こんなCMをご覧になったことはないだろうか。

『男の汚れは強力!洗い残しは肌の大敵!!スクラブ入り洗顔で、男の脂汚れを根こそぎ除去!!!』

某テレビCMより

『できる男は、洗顔後のケア!肌のケアは今やメンズの常識!!カサカサ肌は嫌われる!!!洗顔の後に、しっかり保湿!!!』

某テレビCMその2

トイレタリー業界も営利企業だし、ビジネス上の事情があるので仕方がないのだが、

  • 汚れをごっそり落とす爽快感MAXの洗顔料
  • 落としすぎた皮脂バリアを修復する保湿用品

この2種類の商品が売られていることは、個人的には「不自然じゃないかなあ」と思う。

つまりぼくは必要以上にごっそり流して、その後で無理やり保湿する』という従来の常識、固定観念に対してビジネスを匂いを感じてしまったのである

「ガラス屋が店の注文を上げるために近所のガラスを割っていた」という笑い話があるが、保湿が必要な状態にさせて保湿製品を売るという、頭のいい人たちがたくさんいるのだ。

しかし本来は、必要な皮脂をしっかりと残しておけば、余計な保湿対策など必要ないのはないだろうか。

5.本当に、お湯だけで汚れが落ちる?

悩む男性

ふむふむ、洗顔料が汚れを落としすぎることはわかった。ただ、お湯だけだと皮脂は残るけど汚れも残っちゃうんじゃない?不潔な印象が拭えない。

もちろんこんな疑問や心配が湧くのではないか。

分かります。

回答としては、僕は『お湯だけで十分汚れは落ちている』と感じている。

もし汚れが残りすぎていて不衛生であれば、おそらく雑菌が湧いたりして肌が炎症を起こしたり、ニキビや吹き出物が出たりすると思われる。

しかし、もうかれこれ4年以上、洗顔フォームや石鹸を顔につけていないのだが、僕の顔の肌は吹き出物一つないし、ツルツルである。顔の皮膚がボロボロ、不衛生でニキビいっぱいになるとか、肌のトラブルに見舞われることはこれまで一切なかったと言っていい

皮膚が汚いと言われたり、臭うと言われたことも一度もない(まあ普通、他人に面と向かってそんなこと言わないが)。

それどころかむしろ「肌きれいですよね」とさえ言わることもある。

僕は男性なので、女性同士の「かわいい〜♡」とか「綺麗〜♡」といったお決まりのお世辞とは無縁だし、男性同士の社交辞令だって「その時計おしゃれですね」くらいはあっても「肌綺麗ですね」は話題のチョイスとしてやや不自然。

しかしそれでもわざわざ話として触れられるほど、肌がきれいになったんだと思っているし、そう言われると(男から言われても)嬉しいものだ。

触られることもある。

すると、あまりの保湿感に驚かれる。

結局、汚れとはなんなのか。

バリアの役割を担う皮脂も「それは体から出るものだし汚れだ」と捉えれば汚れだし、「いやいや肌トラブルを招くようなものでなければあって良い」ということであれば、お湯だけで汚れは落ちているということになる。

繰り返すが、個人の見解は「皮脂はバリアとして必要だから、汚れではない」し、肌のトラブルを起こさない程度に"汚れ"を落とす上では『お湯だけの洗顔で汚れは十分に落ちている』と改めて強調しておく。

6.花粉症での驚いた話

 

これまでは「洗顔料を使うことが逆に肌に悪い」という話を繰り返ししてきた。

その本質は、「その時の爽快感が決して中長期的には体に良くない」ということだと思う。

 

話はちょっと脱線するが、これと似たような面白い事例があるので、紹介させていただきたい。

花粉症の話だ。

 

ぼくは花粉症に毎年悩まされてる。花粉症になったことない方は理解できないだろうが、その苦しみは壮絶なのだ。

くしゃみも止まらないし、目が痒くて痒くて仕方がない。ずっと熱っぽくて頭がぼーっとするし、夜も眠れない日々が続く。

 

僕の場合は特に目が重症なのだが、シーズンには痒くて目が真っ赤。起きたら目ヤニが固まり目が開かないほど。

目薬をいくつも常備していて、1時間に一回くらいは使ってしまう。しかしさしてもさしても痒くてしょうがないし、一瞬の爽快感は得られるものの、その効果は長続きしない。

目ん玉を取り出して丸洗いしたいと何度思ったことか。

 

しかし、目のケア用品の世界に、これに応えてくれるすばらしい製品がある。

その名も、"瞳をまるごと洗える"というキャッチフレーズでお馴染みの「ア◯ボン」 。

永年こちらを愛用していた。

 

 

花粉が猛威を振るうシーズンに、このア◯ボンを使って目を丸々洗える爽快感は病みつきになる。

花粉症のぼくにとって、1日の終わりにこのア◯ボンのカップに液体を注ぎ、次に訪れるであろう最高の爽快感への期待に胸を膨らませるその瞬間こそが、一日の中で最も興奮が高まるゴールデンタイムだ

 

しかしある年の花粉が強烈だった。あまりにも目が痒く、それで毎日毎日、朝も夜も頻繁にア◯ボンにすがりついていた。

それでもますます目が赤くなり相当な炎症を起こすに至ったので、たまらず眼科に行くことにした。

 

そこで医師に言われた言葉が衝撃だったのだ。

「ア◯ボンの使用を中止してください。やめればすぐに治ると思いますよ」

 

 

「えっ!!??」

そんなバカなと思った。目にいいと信じて、目の清潔のため、目の衛生を考えての習慣だったはずだ。

ア◯ボンと一緒に過ごした最高の夜。

付き合った恋人が万引き常習犯であることを告げられたりすると、こういう気持ちになるのだろうか。

 

耳を疑ったし半信半疑ではあったが、一旦はア◯ボン無しの生活を受け入れることにした。恋人ではなく、医者を信じることにしたのだ。

 

ところが、なんとア◯ボンの使用をやめて、たった一週間。数年間苦しんだ花粉での目の腫れが、本当にあっという間に改善してしまったのだ。(花粉症自体が完全に治ったわけじゃないですが、症状が軽くなった!)

嬉しくて、そして悲しかった。味方だと思っていたア◯ボンが、実は逆に目を悪化させている要因だったのだ。

 

眼科医いわく、ア◯ボンは目に必要な保護する膜を全て洗い流してしまうそうだ。これによりバリアのなくなった僕の目は、常に花粉の攻撃にさらされている状態だったということなのだそうだ。

 

お伝えしたい点を理解いただいたと思うが、ア◯ボンと洗顔料は実は同じなのだ。

瞬間的な爽快感が、本当に身体にとってプラスなのか

そのあたりを僕たち消費者は、よく考えて、よく自分で勉強しないといけないということ。

 

こういう類の話は意外にたくさんある。

歯磨き粉も身体によくないという話があるし、シャンプーするほうがハゲるという話もある。

男の夜の自己研鑽は良くないとか、やらないと逆に身体に悪いという論争は永遠の課題だ。(ちょっと違う?)

 

世の中、本当に何を信用していいのか。

ただ分かることは、すべてはビジネスと隣り合わせであるということだ。

 

 

 

ちなみに僕はシャンプーを使わない”湯シャン”への切り替えにも成功した。シャンプーを使うことで失いかけていた髪と男の自信を取り戻すことが出来た超成功体験である。

ぜひご参考いただきたい。

 

Sponsored Link

 

 

7.お湯だけ洗顔のメリットとデメリット

 

湯洗い洗顔のメリットは何か。

お伝えしてきた通り、肌が圧倒的にきれいになる。

これしかない。

加えるとすれば、洗顔料代の節約くらいだろうか(あまり金額的に大きいものではないけど)。

 

しかし、肌が綺麗になることで副次的には全体の印象が良くなり、ビジネスや恋愛で想像以上の恩恵を受けることになるだろう。

 

 

デメリットは特にないだろう。

別に何かを買わなければいけないわけでもないし、恐ろしく時間や体力を必要とするわけでもない。

 

敢えて言えば、最初の気持ち悪さだろうか。最初は全然洗えていない感じがして、気持ち悪いと思う。

実はその感覚はおそらく正しくて、多分最初は「本当に洗えていない」。しかし、不思議と気にならなくなる。

それは、慣れではなくて、(おそらくだが)汗とか皮脂があまり出なくなるのであろう。洗い流すのでせっせと皮脂が出ていたのであるが、残っているので分泌が不要というわけだ。

一週間も続けていれば軌道に乗るので、それまで我慢してほしい。

 

 

8.お湯だけ洗顔に向いていない人

 

お湯だけで洗顔することのメリットを中心にお話ししましたが、ただし残念ながら、決して「万人に共通して良い」とは断言できない

 

例えば、

  • 毎日の職場が埃っぽい場所で、顔や皮膚が普通より汚れている場合
  • 湿度が高い、または気温が高い場所に滞在する時間が長いことで汗や脂よごれが普通より多い場合

 

こういうケースは僕もわからない。試していないので、断言できない。

しかし読者の方が、そこまで特異な環境にいない場合や、体質が異常に脂っぽい、というような方でないならば、湯洗いは多くの方に適していると考えてよいだろう。

 

女性の方は、ちょっと難しいかもしれない。というのも、化粧という最大のハードルがある。

流石に化粧を毎日していて、クレンジングオイルも洗顔料も使わないというのは無理があるのではないだろうか。お湯だけで化粧を完全に落とせというのは、うまくいくか分からないので、無責任なことは言えない。

どうしても化粧品はウォータープルーフのものも多いので、さすがにお湯だけでは化粧は落ちないのではないだろうかと推測。

 

ただ解決策は、休日は薄化粧、またはノーメイクの日にして、洗顔フォームの使用回数を減らすだけでもいい。夜は化粧を落とすために洗顔料を使用し、起床後はなるべくお湯だけで洗う、という方法もあり。

 

少しでも使わないようにするという心がけが大事

0か1かではない。徐々に使用頻度を調整していけばいい。

 

 

9.美肌へのもう一つ大事なポイント

 

湯洗い洗顔は、お湯だけであっても十分な洗浄力を有していると実感していることを解説した。

「湯洗い洗顔で余計な皮脂を落とさない」ということだけで、想像以上にすごいメリットを肌にもたらしてくれる。

綺麗な肌があれば、男性も女性も若々しく見えるし、逆に「肌が汚い」「荒れている」というだけで老け感が強くなり、印象は大きくマイナス。

 

今日からでも遅くはない。圧倒的な美肌を手に入れて、印象を上げてみよう。きっと仕事もプライベートも、恋愛にも大きな違いを感じるはず

 

 

また美肌への道は、もう一つ大きなポイントがあった。

それは、ひげを脱毛したこと

 

というのも、ヒゲ剃りというものは、肌に大きな負担をかけていることがわかったのだ。

シェーバーを当てると、どうやらヒゲと一緒に肌の表面を削り取っている状態のようなのだ。

これは、シェービングフォームなどを塗っても同じらしい。

 

こんなことをやっていては口の周りや肌が荒れるのは必然であり、みなさんもヒゲ剃りが肌荒れに繋がる実感は絶対に感じたことがあるだろう。

こういった日常的な肌への過度な負担を一つずつ減らしていくことが、男が美肌で自分を上げる上で非常に重要なステップなのだ。

 

ヒゲの脱毛は、すごくやってよかったと思っていて、人生変わった感がある。

単に「ヒゲがなくなる」「ヒゲ剃りがいらなくなる」というだけの話でもない。ヒゲがなくなるとは、すなわち劇的に印象を変えられる、ということ。

特に女性が求める清潔感を演出するのに、これ以上簡単で効果的な方法はちょっと思いつかないないほど。

 

そんなひげ脱毛の圧倒的な効果とメリットは、体験記を添えて以下の記事で解説しています。

>>ヒゲ脱毛をして人生が大きく変わった。多大なメリットと体験談(写真付き)

 

 

 

おわり

 

-肌のケア

Copyright© 30代男性のライフスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.